AHでは、企画・生産・販売を自社で一環して行っています。
お客さまと生産メンバーの声を反映したモノづくりを通じて
毎日の暮らしを彩る愛着を抱ける商品をお届けしています。

POINT

1

地域に眠る素材や技術の活用

アフリカの農村地域にはたくさんの
優れた素材や技術が埋もれています。

AHでは、ケニアに広く自生する
サイザルという植物に着目し
現地の伝統的な織りや染色技術を
取り入れモノづくりを進めています。

POINT

2

誰でも参加できる仕組み

農村では教育機会のなかった女性も多く
特に仕事が得られにくい環境にあります。

AHでは、シンプルな作業工程を維持し
色々な働き方や役割を創出することで
やる気さえあれば誰でも参加できる
仕組みを農村地域で広げていきます。

POINT

3

織り工房発の新たなモノづくり

地域産業をさらに発展させていくには
従来にはない商品開発も求められます。

AHでは、運営する織り工房を拠点に
撚り糸の研究や織り機の導入を経て
サイザルの平織生地を開発するなど
新たなモノづくりにも挑戦しています。